コインベースが数ヶ月内に発生予定のBitcoin(ビットコイン)のハードフォークをサポート予定

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

コインベースが数ヶ月内に発生予定のBitcoin(ビットコイン)のハードフォークをサポート予定

Coinbase社(以下、コインベース)が、数か月以内に発生予定のBitcoin(ビットコイン)ハードフォークをコインベース製品においてサポートする意向を発表した。

この変更により、コインベースの顧客は、Bitcoin(ビットコイン)のフォークに関連する資産を、すべてのコインベース製品で簡単に引き出しできるようになる。同取引所は、サポートの詳細に関しては、現時点では発表しない方針だ。どの資産をサポートするかは、WEBサイト上で随時発表する予定である。

時間がなく全文の記事が読めないけどビットコイン(BTC)を今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」に登録しましょう。(複数登録必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

 

Coinbase取引所では、フォーク資産がGDAXに上場された後に、同取引所に当該フォーク資産を上場するかを決定する

GDAX – Bitcoin(ビットコイン)のフォーク発生時に、顧客がGDAXに保有するBitcoin(ビットコイン)フォークに関連する資産の引き出しをサポートするインフラを構築予定である。Bitcoin(ビットコイン)のフォークに対するサポートの追加は、必ずしもBitcoin(ビットコイン)フォークに関連する資産の上場を意味しない。取引対象となる上場資産は、同社の「Digital Asset Framework」を使用して、独立して評価される。

Custody – Bitcoin(ビットコイン)ハードフォークをサポートするためのインフラを構築予定である。Custodyはおそらく、近い将来に、GDAXやCoinbase取引所よりも多くのハードフォークをサポートするものと見られる。

インデックスファンド:インデックス方法論によれば、GDAXで取引可能なすべてのフォーク資産が時価総額ベースの合理的な基準でコインベース・インデックスに追加される。GDAXに上場されない、引き出し対応のみのフォーク資産は、インデックスにも追加されない。

Coinbase取引所 -フォーク発生時にBitcoin(ビットコイン)フォークの引き出しをサポートする初期インフラを取引所に構築している。Coinbase取引所では、フォーク資産がGDAXに上場された後に、同取引所に当該フォーク資産を上場するかを決定する。GDAXに上場された資産が、必ずしもCoinbase取引所に上場されるものではない。

コインベースコマース:コインベースコマースでは、顧客が自身で秘密鍵を管理し、コインベースはフォーク資産へのアクセスを制御しない。コインベースコマースのユーザーインターフェイスでフォークに関連する新しい資産をサポートする計画はない。

参照元

https://ripplenews.tech/2018/04/06/coinbase-will-support-bitcoin-hard-forks-coming-months/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう