世界大手の取引所ビットフライヤーが世界最大の取引量になったと公表/取引増加に向けセキュリティー強化の実施へ

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

世界大手の取引所ビットフライヤーが世界最大の取引量になったと公表/取引増加に向けセキュリティー強化の実施へ

ビットフライヤー社のCOOバルテック・リングウェルスキ氏は、同社がビットコイン取引所としては世界でも最も大きい取引量となったと明かした。
数年後に制定される正式な規制が、今後数十年間の方向性の決め手になるため、仮想通貨業界にとって重大な時期だとも述べた。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

リングウェルスキ氏が「仮想通貨は数十年後には完全な産業として定義される」と発言

有名出版物上のインタビューでは、リングウェルスキ氏は業界内の仮想通貨規制に関する見解を語っている。またリングウェルスキ氏が主導する取引の拡大プランについても述べた。

また、近い将来に到来する好機についてもリングウェルスキ氏は語る。

仮想通貨の空間は、まだやるべきことが沢山あるグリーンフィールド(整地しなければならない土地の意)のようだ。始めの数年は形作るだけで手一杯だろうが、数十年後には完全な産業として定義されるようになるだろう。

リングウェルスキ氏はワシントン・スクールを卒業後、ベンチャーキャピタリストから起業家に転身し、2017年からビットフライヤー社の運営の舵も取っている。何故、トラディッショナルな金融業の生活から仮想通貨業界に決めたのかと同氏に尋ねた。

私にとって仮想通貨の世界というのは興味深いものだった。何故なら、金融とテクノロジーが交差し、同じようにマーケットプレイスにも交じわっているからだ。これは信じられないイノベーションである。新たなものをカテゴリーに定義するというのは、めったに出来ない経験だ。

マウントゴックス取引所とコインチェック取引所がハッキングされ多額の資金を失った後、日本政府の監督機関は、各仮想通貨取引所に対してセキュリティー改善策を求めた。こうした失態にも関わらず、日本は世界で初の仮想通貨交換規制を持ち、さらに営業許可の交付も必要な国である。たとえ新しいものに厳しいルールが課されても、仮想通貨取引のオペレーションは今後も存在し続けていくだろう。

ビットフライヤー社はサイバーセキュリティ対策を強化

リングウェルスキ氏は、ビットフライヤー社はどんな重要な細部も漏らさずに、セキュリティーを強化していると話した。

恐らくこれはハッカーにとって貴重な情報となってしまうからだ。政府規制機関は同社のセキュリティー対策に完全に納得し、企業ライセンスを認可するだろうとリングウェルスキ氏は確信している。

リングウェルスキ氏は、仮想通貨換金のセキュリティー侵害という前例から、ユーザーたちが自身の財産の安全に不安を持っているという事を認め、話を続けた。

セキュリティーというのは私たちにとっても常に一番重要な事項である。こうした業界にいるのだから当然のことである。コインチェックで起きたような出来事はユーザーを不安にさせたが、その後セキュリティーへの注目が集まっているように感じる。これは業界にとって良い事だと考えている。

リングウェルスキ氏の見解はビットフライヤー社の設立者兼CEOの加納 裕三氏からも反響されている。リングウェルスキ氏は続ける。

規制当局や立法者との話し合いに3年間を費やした。最終的には2016年に法律が制定された。

アメリカ証券取引委員会がトークンは安全か否かを考慮している間に、日本では先頭立って仮想通貨に関する法律を適用していた、と同氏は語った。加納氏日本ブロックチェーン協会の代表理事でもあり、日本国内の仮想通貨トークンの法律化に重要な役割を果たした。

2018年3月27日、日本の高級車ディーラーショップとして有名なロペライオ社は、ビットコインの決済オプションを導入したと発表した。顧客はビットフライヤー・ウォレットを使って仮想通貨の換金を通して支払うことが出来る。この決済オプションは3店舗のみの対応だが、順次、全ての店舗へ展開していく予定である。

bifFlyer(ビットフライヤー)

bitflyer

おすすめポイント

  • 国内取引量・ユーザー数・資本金3年連続No.1!
  • FXも便利にトレード可能!レバレッジ最大15倍!
  •  ビットコインが無料でもらえる!

bitflyer(ビットフライヤー)は、日本初の国内最大手のビットコイン取引所。2014年に設立された後、リクルート・三菱UFJキャピタル・SBIインベストメントなど大手企業から出資を受けている安心・安全の仮想通貨取引所です!

「メールアドレス」や「Facebookアカウント」があれば、最短3分で登録完了!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

公式サイトへ

※ビットフライヤーの登録方法がわからない方は「ビットフライヤー口座の作り方」の記事を参考にしてください!

国内ビットコイン取引量3年連続No1

bitflyer(ビットフライヤー)は、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。
日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超、ユーザー数60万人、資本金41億に加えて、大手金融機関よりセキュリティレベルが高い暗号通信化技術を採用してしています!

また、ビットコイン(BTC)以外にも、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリウム(ETC)、ライトコイン(LTC)など人気の通貨の取扱いをしています!手数料も安いた為、初心者~上級者までおすすめできる取引所です。

「bitFlyer Lightning」ならFX取引可能!レバレッジ最大15倍

bitflyer(ビットフライヤー)には、「bitFlyer Lightning」という取引特化型のサービスがあり、最大15倍のレバレッジFX取引やイーサリウムなどの現物取引が可能!トレードビューも見やすく、リアルタイムで簡単に取引することが可能です!

テクニカル指標ツールも充実しており、ビットコインで利益を出すなら一番のおすすめです!

ビットコインをつかう・もらうのサービスが充実!

bitflyer(ビットフライヤー)経由で「ビットコインをもらう」サービスを利用して、ネットショッピングや無料キャンペーンに応募すると、無料でビットコインがもらうことができます!

会員登録や資料請求をはじめ商品購入や、カード発行、口座開設等たくさんビットコインを貰えるサービスがあり、「じゃらん」「ZOZOTOWN」「楽天トラベル」など有名サービスもあります!

また、無料でもらったビットコインを「amazonギフト」「Vプリカ」などと交換することも可能です!

不正出金補填サービス

また、bitflyer(ビットフライヤー)は、三井住友海上火災と連携し、ビットコインとイーサリアムなど不正に日本円で出金された場合に補償金を支払うサービスを提供しており、二段階認証している場合、最大500万円の補填額を支払ってくれるため、初心者でも安心して取引することができます!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

公式サイトへ

ビットフライヤーに関する記事はこちら!

 

参照元
https://btcmanager.com/coo-of-bitcoin-exchange-bitflyer-brushes-away-claims-of-japanese-regulatory-pressure/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう