チリの政府機関がエネルギーデータに関するパイロットプロジェクトにイーサリアムを利用/エネルギー大臣はブロックチェーンの技術に好意的な発言

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

チリの政府機関がエネルギーデータに関するパイロットプロジェクトにイーサリアムを利用/エネルギー大臣はブロックチェーンの技術に好意的な発言

チリのエネルギー関連政府機関は、エネルギー部門のデータを格納するために、ブロックチェーンベースのパイロットプロジェクトを立ち上げました。

チリの国家エネルギー委員会(しばしばスペイン語の頭字語で「CNE」と呼ばれている)は4月5日に、国のエネルギー部門に関するデータの透明性や正確性、および安全性を高めることを目的としたブロックチェーンのパイロットプロジェクトを立ち上げると発表しました。

時間がなく全文の記事が読めないけどビットコイン(BTC)を今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」に登録しましょう。(複数登録必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

エネルギー大臣が「ブロックチェーンは今後数年で生活の一部になる」と発言

このパイロット試験により、国家エネルギー委員会(CNE)の委員は、「エネルギア・アビエルタ(またはオープンエネルギー)」と呼ばれる既存のエネルギーデータプラットフォームからデータセットを取得することになります。ソフトウェアを使用して正確性を検証した後、これらのデータはハッシュ化されて、Ethereum(イーサリアム)のブロックチェーンに書き込まれます。

一般の人々は、いくつかあるグラフィカルユーザインタフェース(GUI)のうちの1つを介して、それらのデータにアクセスできるようになります。

つまり、問題になっているそのデータは、生成された時にブロックチェーンに直接書き込まれるのではなく、むしろ従来のデータベースに保存されるのです。また、人間の行為者は、そのデータがブロックチェーンに記録される前に、そのデータベースからそのデータをコピーします。

このワークフローには、オープンエネルギーシステムと検証ソフトウェアの脆弱性、およびヒューマンエラーにより、ブロックチェーン上に不正確な情報が記録される危険があります。

しかし、今回のパイロットを実施するという決定は、チリ政府がブロックチェーン技術に関心を持っていることを明確に表しています。スサナ・ヒメネス・エネルギー大臣は、同プロジェクトプロジェクトの立ち上げを発表した時に、次のように述べました。
当エネルギー省は、概念レベルから具体的なユースケースに至るまで、ブロックチェーン技術を導入することに関心があり、主要な専門家たちがブロックチェーン技術を、過去10年間でもっとも破壊的な技術だと考えていることを理解しています。このブロックチェーン技術は、今後数年間で私たちの日常生活の一部になり得るでしょう。

公的機関である国家エネルギー委員会(CNE)は、エネルギー省と協力しつつも、別個の機関として運営されています。
初期段階において、同プロジェクトでは、国家グリッドの容量や平均市場価格、住宅用エネルギー発電設備、およびブロックチェーンに記録されるその他のトピックに関連したデータを見る予定です。

参照元

https://www.ethnews.com/chiles-national-energy-commission-to-use-ethereum-for-energy-data-pilot

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう