OmiseGO(オミセゴー)が韓国最大のクレジットカード会社と提携/実現すればアジアでも初の取り組みに

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

OmiseGO(オミセゴー)が韓国最大のクレジットカード会社と提携/実現すればアジアでも初の取り組みに

Omise社とOmiseGO / OMG(オミセゴー)は、2018年4月5日のプレスリリースで、韓国の大手クレジットカード会社である新韓カードとの覚書を交わしたことを発表した。今回の覚書は、アジアのブロックチェーン革命の中心になるという同社の長期計画の一部をなす。

親会社であるOmise社は、タイ、シンガポール、インドネシアを拠点とする決済ソリューション・プラットフォームで、イーサリアム・ベースの分散型スケーリング・ソリューション・ネットワークであり、暗号通貨OMG(オミセゴー)の提供で知られる。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

今回の提携が実現すれば大手クレジットカード会社ではアジア初の取り組みになる

覚書は、Omise社の分散型決済ソリューションの提供により、新韓カードの支払いプラットフォームを東南アジアおよび日本に展開する助けとなる。新韓カードのプラットフォームは理論的にはすべてのデバイスで利用でき、OmiseGO(オミセゴー)の公にアクセス可能なサーバーを使用する。

Omise社CEOの長谷川潤氏は韓国で以下のように語った。

Omise社とOmiseGO(オミセゴー)は、分散型経済を促進するプラットフォームを構築する最終目標を掲げ、デジタル価値のグローバル展開に革命を起こそうとしています

プレスリリースは行われたものの、この提携でのOmise社の正確な役割とサービスはまだ分かっていない。しかし、新韓銀行は、銀行のさまざまな部門にOmise社のブロックチェーン技術を導入する意向を明らかにしている。

さらに、新韓銀行の子会社でクレジットカード会社である新韓カードはOmiseGO(オミセゴー)と協力して、ブロックチェーンを使用したさまざまなビジネスモデルを開発し、新しいユースケースを作り出すことが期待されている。今回の覚書締結で同社は、ブロックチェーン・ベースの提供会社と提携し、同事業を採用するアジアで初の大手クレジットカード会社となる。

声明でOmise社は、新韓カードのアプリFAN cardの処理を行うと述べた。また、新韓銀行がOmiseGO(オミセゴー)のブロックチェーンを使用した商用口座を設定するのを助けることで海外商取引の管理も行うと述べている。新韓カード関係者によると、この動きは「「ハイパーコネクテッドマネジメント」のビジネス戦略の下で行われる」ようだ。

覚書は、両当事者間の緊密な連携の枠組みを確立します。この覚書により新韓銀行は、Omise社の支払い技術とソリューションの幅広いポートフォリオを活用し、e-walletプロバイダーの導入のために公開されているOmiseGO(オミセゴー)のサーバーとモバイルSDKも存分に活用できるようになります

Omise社は新韓銀行のウォレット・サービスでも協力

2017年11月に新韓銀行は、Bitcoin(ビットコイン)のアドレスとウォレットの秘密鍵が新韓銀行によって管理・発行される、Bitcoin(ビットコイン)プラットフォームをテストしていることを発表した。革新的なモデルでは、銀行はVault(金庫)サービスを無料で提供し、引き出しの際に手数料を請求する予定だ。

今回の覚書により、Omise社の開発チームは、新韓銀行のBitcoin(ビットコイン)・ウォレットのチームと協力してサービスの開発と実装を行うことができるようになる。

暗号通貨とブロックチェーン事業に対する韓国の世論は肯定的であり、新韓銀行は多くの関連イニシアチブを支援してきた。

2018年2月には、新韓銀行はリップル社と、リップル・ネットワークとその流動性システムxRapidを利用したブロックチェーン・ネットワーク内での国際送金の試験を完了したことも発表している。

参照元

https://btcmanager.com/omisego-partners-with-south-koreas-largest-credit-card-company/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう