世界銀行が「ブロックチェーンを引き続き注視する」という旨の内容を発表/分散型台帳が銀行にもメリットであるという認識

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

世界銀行が「ブロックチェーンを引き続き注視する」という旨の内容を発表/分散型台帳が銀行にもメリットであるという認識

世界銀行が用心深くかつ楽観的なブロックチェーン技術に関するフィンテック報告書を発表してからおよそ5カ月間が経過した。今日発表された新たな公式文書では、分散型元帳がまだ主役にはなれないことを再確認しつつ、完璧なソリューションを待たないよう注意を促している。

昨日のプレスリリースでは、世界銀行の幅広い取り組みがDistributed Ledger Technology(分散型台帳技術、以下、DLT)との関連性の中で改めて引き合いに出され、ブロックチェーン基盤のソリューションと世界銀行の使命の関連性に対する継続的な関心が強調された。

時間がなく全文の記事が読めないけどビットコイン(BTC)を今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」に登録しましょう。(複数登録必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

ブロックチェーン技術革命は世界銀行にも有益であることが認識され始めている

第二次世界大戦からの復興のために1945年に設立された世界銀行は、創業以来、貧困の削減、共有された繁栄の増進、持続可能な発展の推進に取り組んできた。世界銀行はその目的のために、2017年にはローン、助成金、およびその他の投資方法で加盟国および民間企業におよそ6.3兆円を提供している。

世界銀行が2017年12月初旬に発表した報告書は60ページにわたり、その中には、DLTは「データ共有、透明性、信頼性の面で、政府と市民の関係を再定義する可能性がある」との文言がある。本日のプレスリリースは「’完璧’なDLTソリューションが完成するのを待つのは、それを形作る機会を逃すことになる」と指摘し、世界銀行がDLTベースのソリューションの早期実施を促し、将来的により良いソリューションを作るテコ入れを行うことを示唆している。

仮想通貨とブロックチェーンに関しては控えめな超国家的金融機関の1つである世界銀行の副次的なコメントの中に、暗号業界の最も大きな挑戦を強調する文言がある。それは、多くの人が信じる次世代のDLTを作ることが金融サービス、医療、輸送などの、将来の価値システムを管理することになるだろうということだ

最初に行動した者は、新興のDLT開発に対応するだけでなく、開発されるネットワークのありようにも細心の注意を払うようなイニシアチブをとるべきだと世界銀行は助言している。欧州委員会のような統治機関がこの助言を受け入れており、欧州委員会はデジタル単一市場を形成すると言うヨーロッパの主要目標を強化することを目的として、新たなブロックチェーン宣言を策定したばかりだ。

この「デザイン・ガバナンス」というつつましやかな概念は、暗号業界ではすでによく知られている。新人のブロックチェーン開発者にとって、ユーザーを特定の方向に集中させることは、しばしば最重要課題であり、コンセンサス・メカニズムを設計する主要目的の1つでもある。

最もマクロなレベルでは、世界中の政府と国際的な機関が同じテクノソーシャルの問題に取り組む必要がある。世界銀行の夢はより公平で、より結ばれた、より持続可能な世界を作ることだ。DLTとブロックチェーンが大小さまざまな組織によって継続的に開発されるに従い、分散型技術革命は世界銀行にさえあることを気づかせている。それは、世界銀行の夢に最も近い世界の実現方法として、技術と経済のあいまいな境界が、人間が手にしてきた中で最も新しいだけでなく、最善のものである可能性があるということだ。技術と経済のあいまいな境界は現在、暗号経済学とDLTネットワークインセンティブに見ることができる。

参照元

https://www.ethnews.com/world-bank-still-eyeing-blockchain

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう