Lisk(リスク)

Lisk(リスク・LSK)の高騰理由とは!インド取引所上場など好要因を発表

Lisk(リスク・LSK)の高騰理由とは!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Coincheck(コインチェック)【3ヶ月連続!】
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)
【3位】bitbank(ビットバンク)Zaif(ザイフ

▼おすすめ仮想通貨ランキングはこちら
仮想通貨おすすめ人気ランキング<将来性・時価総額>【注目!】

分散型アプリケーションプラットフォーム(DApps) のLisk(リスク・LSK)。

2017年8月20日から8月末にかけて、価格が一気に高騰しており、200円台から800円台へ、1週間で約4倍まで高騰しています!

結論から言うと、下記4点が高騰要因のようですが、その内容を細かくご紹介していきます!

  • 「インド取引所に上場」
  • 「リブランディング」
  • 「Lisk core 1.0のアップデート」
  • 「SDK(開発者用ツール)配布」

※参考:「初めての方でもわかる!Lisk(リスク・LSK)の買い方!

Lisk(リスク・LSK)とは?

ちなみに、Lisk(リスク)とはに Max Kordek 氏 と Olivier Beddows 氏 が、 Crypti からフォークを行い開発した 、分散型アプリケーションプラットフォーム(DApps)です。

DAppsを用いたシステムとして有名なイーサリアムがあり、使用する言語やサイドキックの使用などLisk独自の特徴があり、今後の成長が注目されています!

特徴1:Javascript言語を採用

Liskは開発言語は、JavaScrpitを採用しており、世界中の数多くのエンジニアが使用している言語であるため、開発者を集めやすく開発が進みやすい特徴があります。

特徴2:サイド チェーンを用いたDapps構築プラットフォーム

Liskはサイド チェーンを用いたDapps 構築 プラットフォームであり、イーサリウムとは異なり、ユーザーがブロックチェーンにスマートコントラクトコードを書くのではなく、それぞれのDAppsでブロックチェーンを立ち上げ、そこにコードを書き込むという仕組みになっています。

そのため、ネットワークの拡張性や開発の柔軟性が増し、承認システムであるプルーフ・オブ・ワーク(proof of work/PoW)や、その代替となるプルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)への変更も可能になり、またプラットーム負荷軽減と、ブロックチェーン処理速度向上が見込めます。

Lisk(リスク・LSK)が1週間で4倍まで高騰した理由とは?

今回、リスクが1週間で4倍まで高騰したのは、前述で述べた通り、下記4点が主な要因のようです。

  • 「インド取引所に上場」
  • 「リブランディング」
  • 「Lisk core 1.0のアップデート」
  • 「SDK(開発者用ツール)配布」

1. インド取引所に上場

8月24日にインドで新しく仮想通貨取引所である「BitBay」が開設されました。

取扱い通貨としては、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、モネロ(XRM)、ダッシュ(DASH)、ゲームクレジット(GAME)などがあり、そのなかでリスク(LSK)が扱われることが発表されました。

インドは、日本よりもペイパルなどオンライン決済が盛んな国で、特に「仮想通貨業界の中でも注目の市場」であり、取扱い通貨の中にリスク(LSK)が入っていたことが要因のようです。

2.リブラディングの発表

また、2017年9月にリスクが「リブランディング」をすることを発表しました。

リブランディングとは今までのブランドを再構築して、より効果的なブランドを立ち上げること」で、変化の大きい仮想通貨市場で、ビジネスと消費者間に起こるミスマッチを改善し、ブランドの方向性を修正することで、更に成長させることが目的のようです!

3.Lisk core 1.0のアップデート

また、CEOであるマックス・コーデックがインタビューの中で、2017年9月に【Lisk core 1.0】のアップデートを行うことを発表しました。これにより、リスクの大幅な改善が見込める可能性が出てたことも要因です。

4,「SDK(開発者用ツール)配布」

その他、リスクのプラットフォームを簡単に使える「SDK(開発者用ツール)の配布」を12月に実施することも発表してます。

こちらは、どこまで価格に影響してるかわかりませんが、SDK配布は、リスクがアプリケーション・プラットフォームとして利用されるようになるために重要な要因だと考えています。

今後もリスクの価格は高騰する可能性も

今回の発表内容を見ると、2017年9月~12月にかけてリスク(Lisk)は大幅な改革を行って行くようです。

つまり、上記が全て実現された場合、プラットフォームとしての大幅な成長が見込めるため、それに伴いLSKの価格も高騰していくでしょう。

数ヶ月の内に、1LSK=1,000円まで価格が上がりそうなので今後も期待して動向を追っていきましょう。

Lisk(リスク・LSK)が購入できる取引所はこちら

Coincheck(コインチェック)

おすすめポイント

  • 世界最大級の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 日本で一番かんたんにビットコインが購入できる!
  • 仮想通貨損害補償サービス!安心して取引しできる!

初心者におすすめしたい取引所は「コインチェック」です。

コインチェック」は、日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一。最大5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

コインチェク登録は最短3分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料で登録できます

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

※コインチェックの登録方法がわからない方は「コインチェック口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取扱い仮想通貨数日本一


コインチェックは、ビットコイン(BTC)を始めとして、世界中で注目を集めている「イーサリアム(EHT)」「リップル(XRP)」「ネム(XEM)」「ライトコイン(LTC)」など、12種類以上のアルトコインを扱っており、その数は日本一で、コインチェックが人気を集める理由になっています!

取引画面(チャート)が見やすい!

コインチェックの取引画面(トレーディングビュー)なら、リアルタイムにチャート形式で価格を把握したり、大きな画面で直接取引をすることが可能です!

また、期間は「5分」~「1日」に切り替えることができたり、「指値」「逆指値」を設定して、取引することができるので、利益が出しやすい仕組みになっています!

スマホアプリで簡単取引!チャート機能も充実!

コインチェック」は、スマホアプリ(iPhone・Android)もあり、空いた時間で簡単に各仮想通貨のチャート・価格を確認したり、売買することが可能です!

また、「ローソク足」にチャート表示形式を替えたり、期間も「1時間」「1日」「1週間」 「1年」など表示させることもできます!

業界初!仮想通貨盗補填サービス

コインチェックは、東京海上日動火災保険と組んで、不正ログインやなりすまし被害について、1回の請求で最大100万円まで補填するサービスを提供しています!「二段階認証」を設定してるユーザー対象なので、設定してしていれば安心して仮想通貨の売買を行うことができます!

▼コインチェックの登録はこちら!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

Lisk(リスク・LSK)の買い方・おすすめ取引所を徹底解説!

初めての方でもわかる!Lisk(リスク・LSK)の買い方!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Coincheck(コインチェック)【3ヶ月連続!】
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)
【3位】bitbank(ビットバンク)Zaif(ザイフ

▼おすすめ仮想通貨ランキングはこちら
仮想通貨おすすめ人気ランキング<将来性・時価総額>【注目!】

仮想通貨市場における基軸通貨とも言えるビットコイン(BTC)の価格は、年々上昇しておりビットコイン投資を始める人も多くなってきました。

また、ビットコインのみならずイーサリアムやリップルと言ったアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)への投資も、日々注目を集めています。

しかし、周りを見ても仮想通貨を購入している人は、まだまだ少ないのが現状です。

仮想通貨市場は年間100%以上成長を見せており、価格は今後も上がっていくことが予想されます。

将来性のある通貨に”今”投資せずに、機会損失を生み出すことは、マイナス以外のほかありません。

今回は、近年価値が高騰しているLisk(リスク)の購入方法やおすすめ仮想通貨取引所などをご紹介していきます!

※時間がなく全文の記事が読めないという方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「コインチェク(Coincheck)」で購入してみましょう!(オススメ!)

Lisk(リスク)とは?

Lisk(リスク)とは、に Max Kordek 氏 と Olivier Beddows 氏 が、 Crypti から フォーク を 行い 開発 し た 、分散型アプリケーションプラットフォーム(DApps)です。

DAppsを用いたシステムとして有名なイーサリアムがあり、使用する言語やサイドキックの使用などLisk独自の特徴があり、今後の成長が注目されています。

Javascript言語を採用

Liskの開発言語は、JavaScrpitを採用しており、世界中の数多くのエンジニアが使用している言語であるため、開発者を集めやすく開発が進みやすい特徴があります。

また、開発環境やドキュメントも豊富にあることも魅力です。

サイド チェーンを用いたDapps構築プラットフォーム

Liskはサイド チェーンを用いたDapps 構築 プラットフォームであり、イーサリウムとは異なり、ユーザーがブロックチェーンにスマートコントラクトコードを書くのではなく、それぞれのDAppsでブロックチェーンを立ち上げ、そこにコードを書き込むという仕組みになっています。

そのため、ネットワークの拡張性や開発の柔軟性が増し、承認システムであるプルーフ・オブ・ワーク(proof of work/PoW)や、その代替となるプルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)への変更も可能になり、またプラットーム負荷軽減と、ブロックチェーン処理速度向上が見込めます。

Lisk(リスク)が1週間で4倍に高騰!

そんなLisk(リスク)ですが、2017年8月後半から一気に価格が高騰しています。理由としては下記が主な要因のようです。

1.インド取引所に上場

8月24日にインドで新しく仮想通貨取引所である「BitBay」が開設されました。

インドは、仮想通貨業界で注目の市場であり、取扱い通貨の中にリスク(LSK)が入っていたことが要因のようです。

【Lisk core 1.0】のアップデート

また、CEOであるマックス・コーデックがインタビューの中で、2017年9月に【Lisk core 1.0】のアップデートを行うことを発表しました。これにより、リスクの大幅な改善が見込める可能性が出てきました。

リスクの概要

名称:Lisk(リスク)、通貨単位は「LSK」
開始:2016年5月
供給量の上限: 上限なし
アルゴリズム:Delegated Proof of Stake(DPOS

リスク(LSK)を購入するなら国内取引所がおすすめ!

リスク(LSK)を始めとする仮想通貨は、本格的に日本で扱われてから、歴史が浅く、2017年4月に「仮想通貨法」が思考されましたが、まだトラブルが絶えない状態です。

リスク(LSK)購入したところで、大切な資産が「盗難」にあったり、「詐欺通貨」を買ったり、法制度が完備されていないため、初心者の方だと安心できないのが仮想通貨です!

そこで、本サイトでは、トラブルを回避するためにも安全性が高く、信頼できる仮想通貨取引所から、リスクを購入することをおすすめします!

リスク(LSK)の購入方法

  • 国内のリスク販売所で購入する(オススメ!
  • 国外のリスク取引所で購入する(う〜ん┐(´д`)┌)

国内のリスク(LSK)販売所で購入する

こちらは最も一般的で、安心できるリスクの購入方法です。国内販売所ならば確実に売買が成立しますし、日本語対応のためサポートも手厚く、初心者にはオススメの購入方法です

国外のリスク(LSK)取引所で購入する

リスクは、国外の取引所でも購入が可能です。

国内販売所と異なり、スプレッド(手数料)を取られないため最初から含み損が発生しないというメリットがあります。

一方で海外取引所へのアカウント開設や送金など越えなければいけないハードルも多く、初心者にはあまりオススメは出来ません。

リスク(LSK)を買うなら「国内・国外」どちらがおすすめ?

先程、リスクを買うなら国内のリスク販売所をオススメしましたが、具体的にどう違うのでしょうか?国内販売所と国外取引所の違いについて徹底解説します!

販売所(国内)

「販売所」とは、仮想通貨をインターネット上で販売する場所のことで、現状、リスクは「Coincheck」でのみ販売所での購入が可能です。

国内販売所のメリット

  • 販売元が企業であり、24時間いつでも確実に売買できる。
  • 販売所が提示してる額で確実にリスクを売買できる。
  • 売り手・買い手が見つからないことがない。
  • 国内企業なので、サポートがしっかりしている
  • 少額購入が可能

「販売所」は、初心者にとってはリスクを売買しやすい仕組みです。デメリットとして、販売所の仲介手数料の関係で取引所の現状価格より、ほぼ100%「リスクを高く買う」もしくは「リスクを安く売る」ことになってしまいますが、海外取引所のデメリットを考慮すると初心者には国内販売所での購入がオススメです!

取引所(海外)

取引所(または交換所)は、株式の売買と似ており、仮想通貨を「買いたい人」と「売りたい人」を直接マッチングさせる場所のことです。

取引所での取引は、オークション形式が採用されており、「買い手」と「売り手」に売買価格を提示してもらい、最も高く買いたい人と最も安く売りたい人の価格がマッチした時に、取引が成立(約定)する仕組みを取っています!

販売所と比較して、取引所のメリット・デメリットは以下の通りです。

海外取引所のメリット

  • 販売所に比べて、リスクをお得に売買できる
  • 一度使いこなしてしまえば、他の仮想通貨も購入することが出来る

海外取引所のデメリット

  • 「買い手」「売り手」がいない取引所の場合、取引がうまく成立しないことがある
  • アカウント開設や送金など、購入に手間がかかる
  • 拠点が海外にあるため、サポートを期待できない
  • 日本円でリスクを購入できない

初めてリスクのような仮想通貨を始める方は、最初は販売所を使って少額取引をして、徐々に金額を上げて取引するようにしましょう!

仮想通貨の取引に慣れてきたら、国内のビットコイン取引所で購入したビットコインを海外取引所に送金し、そちらで売買するのがオススメです!!

リスク(LSK)購入におすすめの国内取引所ランキング!

それでは、リスクを購入する時におすすめな取引所をご紹介します!

ただ、国内の取引所でリスクを取り扱っているのは現状Coincheckしかありません…

取引所を選ぶ上で重要なポイントは「こちら」に記載していますが、「Coincheck」は他のオルトコイン(アルトコイン)やビットコインを購入する上でも非常にオススメの取引所なので、登録しておくことをオススメします!

ただ、一般的に取引所は複数登録するものなので、「bitflyer」や「Zaif」など、他の取引所にも登録してみることをおすすめします!

Coincheck(コインチェック)

おすすめポイント

  • 世界最大級の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 日本で一番かんたんにビットコインが購入できる!
  • 仮想通貨損害補償サービス!安心して取引しできる!

初心者におすすめしたい取引所は「コインチェック」です。

コインチェック」は、日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一。最大5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

コインチェク登録は最短3分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料で登録できます

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

※コインチェックの登録方法がわからない方は「コインチェック口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取扱い仮想通貨数日本一


コインチェックは、ビットコイン(BTC)を始めとして、世界中で注目を集めている「イーサリアム(EHT)」「リップル(XRP)」「ネム(XEM)」「ライトコイン(LTC)」など、12種類以上のアルトコインを扱っており、その数は日本一で、コインチェックが人気を集める理由になっています!

取引画面(チャート)が見やすい!

コインチェックの取引画面(トレーディングビュー)なら、リアルタイムにチャート形式で価格を把握したり、大きな画面で直接取引をすることが可能です!

また、期間は「5分」~「1日」に切り替えることができたり、「指値」「逆指値」を設定して、取引することができるので、利益が出しやすい仕組みになっています!

スマホアプリで簡単取引!チャート機能も充実!

コインチェック」は、スマホアプリ(iPhone・Android)もあり、空いた時間で簡単に各仮想通貨のチャート・価格を確認したり、売買することが可能です!

また、「ローソク足」にチャート表示形式を替えたり、期間も「1時間」「1日」「1週間」 「1年」など表示させることもできます!

業界初!仮想通貨盗補填サービス

コインチェックは、東京海上日動火災保険と組んで、不正ログインやなりすまし被害について、1回の請求で最大100万円まで補填するサービスを提供しています!「二段階認証」を設定してるユーザー対象なので、設定してしていれば安心して仮想通貨の売買を行うことができます!

▼コインチェックの登録はこちら!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bifFlyer(ビットフライヤー)

bitflyer

おすすめポイント

  • 国内取引量・ユーザー数・資本金3年連続No.1!
  • FXも便利にトレード可能!レバレッジ最大15倍!
  •  ビットコインが無料でもらえる!

bitflyer(ビットフライヤー)は、日本初の国内最大手のビットコイン取引所。2014年に設立された後、リクルート・三菱UFJキャピタル・SBIインベストメントなど大手企業から出資を受けている安心・安全の仮想通貨取引所です!今なら、最大5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

「メールアドレス」や「Facebookアカウント」があれば、最短3分で登録完了!

※ビットフライヤーの登録方法がわからない方は「ビットフライヤー口座の作り方」の記事を参考にしてください!

国内ビットコイン取引量3年連続No1

bitflyer(ビットフライヤー)は、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。
日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超、ユーザー数60万人、資本金41億に加えて、大手金融機関よりセキュリティレベルが高い暗号通信化技術を採用してしています!

また、ビットコイン(BTC)以外にも、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリウム(ETC)、ライトコイン(LTC)など人気の通貨の取扱いをしています!手数料も安いた為、初心者~上級者までおすすめできる取引所です。

「bitFlyer Lightning」ならFX取引可能!レバレッジ最大15倍

bitflyer(ビットフライヤー)には、「bitFlyer Lightning」という取引特化型のサービスがあり、最大15倍のレバレッジFX取引やイーサリウムなどの現物取引が可能!トレードビューも見やすく、リアルタイムで簡単に取引することが可能です!

テクニカル指標ツールも充実しており、ビットコインで利益を出すなら一番のおすすめです!

ビットコインをつかう・もらうのサービスが充実!

bitFlyer経由で「ビットコインをもらう」サービスを利用して、ネットショッピングや無料キャンペーンに応募すると、無料でビットコインがもらうことができます!

会員登録や資料請求をはじめ商品購入や、カード発行、口座開設等たくさんビットコインを貰えるサービスがあり、「じゃらん」「ZOZOTOWN」「楽天トラベル」など有名サービスもあります!

また、無料でもらったビットコインを「amazonギフト」「Vプリカ」などと交換することも可能です!

不正出金補填サービス

また、bitflyer(ビットフライヤー)は、三井住友海上火災と連携し、ビットコインとイーサリアムなど不正に日本円で出金された場合に補償金を支払うサービスを提供しており、二段階認証している場合、最大500万円の補填額を支払ってくれるため、初心者でも安心して取引することができます!

▼ビットフライヤーの登録はこちら!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Zaif(ザイフ)

おすすめポイント

  • 取引手数料マイナスボーナス!年率最大3.6%!
  • 大手企業との提携実績多数!
  • XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

ZAIF(ザイフ)は、国内でビットコインはじめとして、日本で最も早くXEM(ネム)を扱いはじめた実績ある取引所であり、堀江貴文(ホリエモン)が技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所です。

ビットコインだけでなく、日本発の仮想通貨であるモナーコイン(MONA)など、数多くの仮想通貨を扱っており、Zaif代表の朝山貴生さんはNEM(ネム)の”Director of NEM Japan”に就任し、日本におけるNEMのマーケティングや普及活動の責任者としても活躍されており、信頼できる取引所になっています!

※Zaifの登録方法がわからない方は「Zaif口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取引手数料マイナスボーナス!年率最大3.6%!

ZAIF(ザイフ)は、他の取引所とは違い取引手数料マイナス0.01%を導入しており、取引するほど「ボーナス」が貰える仕組みを取り入れています。

また、1日1回、『Zaif Exchange』に預けられたビットコイン残高(前日)の0.01%が利殖ボーナス(ログインボーナス)として受け取れる「年率最大3.6%の利殖ボーナス」制度も導入しているため、リスクなくビットコインを増やすことができます!

取引回数が多い方には最もおすすめできる取引所になります!

大手企業との提携実績多数!

ZAIF(ザイフ)の運営会社であるテックビューロが開発するプライベート・ブロックチェーンのクラウド化技術「mijin」実証実験を、「さくらインターネット」「インフォテリア」「ベルギー アントワープ市」など大手企業・国と提携して進めており、技術力の高さを証明している取引所になります。

XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

また、近年数倍~数十倍に価格が高騰したXEM・MONAなど、日本で最も早く取扱いを始めた取引所であり、取引量や対象通貨に関する情報提供力は国内トップクラスを誇る取引所になります!

▼Zaif(ザイフ)の登録はこちら!

ビットコイン取引所の口座の作り方

取引所に初めて登録する方なら「口座開設」がつまずくポイントです。主要な上記3つの取引所の口座の作り方を、別記事で解説します!