Zaif(ザイフ)

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash・BCH)の買い方・おすすめ取引所を徹底解説!

初めての方でもわかる!ビットコインキャッシュの買い方を徹底解説!

仮想通貨市場における基軸通貨とも言えるビットコイン(BTC)の価格は、年々上昇しておりビットコイン投資を始める人も多くなってきました。また、ビットコインのみならずイーサリアムやリップルと言ったオルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)への投資も、日々注目を集めています。

しかし、周りを見ても仮想通貨を購入している人は、まだまだ少ないのが現状です。

仮想通貨市場は年間100%以上成長を見せており、価格は今後も上がっていくことが予想されます。

将来性のある通貨に”今”投資せずに、機会損失を生み出すことは、マイナス以外のほかありません。

「仮想通貨の仕組みが良くわからない」

など疑問は不安はあると思いますが、今のうちに購入してはいかがでしょうか?

今回は、ビットコインキャッシュの購入が初めての方でも、安心して取引できる仮想通貨取引所や買い方などをご紹介していきます!

ビットコインキャッシュ(BCH)とは?

ビットコインキャッシュ(BCH)とは、2017年8月1日にビットコインから分裂して誕生した新しい仮想通貨です。分裂以前にビットコインを保有していた人には、保有したいたBTCと同数のビットコインキャッシュが付与されました。

基軸通貨であるビットコインから分裂したこともありホルダーも多く、注目すべき仮想通貨の一つです。詳しい内容に関しては、下の記事を御覧ください。

ビットコインキャッシュの将来性や特徴を徹底解説!

ビットコインキャッシュを購入するなら国内取引所がおすすめ!

ビットコインキャッシュを始めとする仮想通貨は、本格的に日本で扱われてから、歴史が浅く、2017年4月に「仮想通貨法」が思考されましたが、まだトラブルが絶えない状態です。

ビットコインキャッシュを購入したところで、大切な資産が「盗難」にあったり、「詐欺通貨」を買ったり、法制度が完備されていないため、初心者の方だと安心できないのが仮想通貨です!

そこで、本サイトでは、トラブルを回避するためにも安全性が高く、信頼できる仮想通貨取引所から、ビットコインキャッシュを購入することをおすすめします!

ビットコインキャッシュの購入方法

  • 国内のビットコインキャッシュ取引所で購入する(オススメ!
  • 国内のビットコインキャッシュ販売所で購入する(う〜ん┐(´д`)┌
  • 国外のビットコインキャッシュ取引所で購入する(う〜ん┐(´д`)┌×2

国内のビットコインキャッシュ取引所で購入する

取引所(または交換所)は、株式の売買と似ており、ビットコインを「買いたい人」と「売りたい人」を直接マッチングさせる場所のことです。

取引所での取引は、オークション形式が採用されており、「買い手」と「売り手」に売買価格を提示してもらい、最も高く買いたい人と最も安く売りたい人の価格がマッチした時に、取引が成立(約定)する仕組みを取っています!

売買が上手く成立しない、発注ミスが発生するなどのデメリットがありますが、手数料も安くサポートも充実しているため初心者にはオススメの方法です!

国内のビットコインキャッシュ販売所で購入する

こちらは最も一般的で、安心できるビットコインキャッシュの購入方法です。国内販売所ならば確実に売買が成立しますし、日本語対応のためサポートも手厚く、初心者にはオススメの購入方法です!

国外のビットコインキャッシュ取引所で購入する

ビットコインキャッシュは、国外の取引所でも購入が可能です。国内販売所と異なり、スプレッド(手数料)を取られないため最初から含み損が発生しないというメリットがあります。一方で海外取引所へのアカウント開設や送金など越えなければいけないハードルも多く、初心者にはあまりオススメは出来ません。

国内取引所・国内販売所・国外取引所の違いを徹底解説!

先程、ビットコインキャッシュを買うなら国内のビットコインキャッシュ取引所をオススメしましたが、具体的にどう違うのでしょうか?国内取引所・国内販売所・国外取引所の違いについて徹底解説します!

取引所(国内)

「ビットコインキャッシュ取引所」とは、ビットコインキャッシュの「売り手」と「買い手」をマッチングさせる場所のことで、国内では現在「Zaif」のみが対応しています。

国内取引所のメリット

  • 販売所より、ビットコインを安く買うことができる。
  • 販売所より、ビットコインを高く売ることができる。
  • 日本語対応なので使いやすい

国内取引所のデメリット

  • 「買い手」「売り手」がいない場合、取引がうまく成立しないことがある

国内取引所ならば、国外と違って売買がし易いですし、販売所のように高い手数料を支払わずに済むのでオススメの方法です。ただし、対応している企業が「Zaif」しかないので、「CoinCheck」や「bitflyer」の口座しか開設していない人は追加で口座を開設する必要があります。

販売所(国内)

「販売所」とは、ビットコインをインターネット上で販売する場所のことで、「bitflyer」「Coincheck」「Zaif」など、主要な仮想通貨取引所で販売されています。

国内販売所のメリット

  • 販売元が企業であり、24時間いつでも確実に売買できる。
  • 販売所が提示してる額で確実にビットコインキャッシュを売買できる。
  • 売り手・買い手が見つからないことがない。
  • 国内企業なので、サポートがしっかりしている

国内販売所のデメリット

  • ビットコインキャッシュを高く買ってしまう
  • ビットコインキャッシュを安く売ってしまう

「販売所」は、初心者にとってはビットコインキャッシュを売買しやすい仕組みです。売買相手が企業になるため、確実に購入することが可能です。

ただし、スプレッド(手数料)がかかってしまうため、ビットコインキャッシュを購入した時点で損が発生してしまうという欠点があります。

取引所(海外)

海外の取引所にアカウントを開設し、ビットコインを使って購入する方法もあります。

ただし、国内取引所での購入に比べると手間やデメリットが多く、仮想通貨のトレードに慣れた人にしかお薦めはできません。

海外取引所のメリット

  • 販売所に比べて、ビットコインキャッシュをお得に売買できる
  • 一度使いこなしてしまえば、他の仮想通貨も購入することが出来る

海外取引所のデメリット

  • 「買い手」「売り手」がいない取引所の場合、取引がうまく成立しないことがある
  • アカウント開設や送金など、購入に手間がかかる
  • 拠点が海外にあるため、サポートを期待できない
  • 日本円でビットコインキャッシュを購入できない

初めてビットコインキャッシュといった仮想通貨を始める方は、最初は販売所を使って少額取引をして、徐々に金額を上げて取引するようにしましょう!

販売所と取引所の価格差ってどれくらい?

先程から「国内取引所」をおすすめしていますが、「販売所」と「取引所」ではどれくらい価格差があるのでしょうか?

こちらの画像は、bitflyerからビットコインキャッシュ販売所、Zaifのホームページからビットコインキャッシュ取引所の価格をスクショしたものです。

ビットコイン販売所(bitflyer)

 

ビットコイン取引所(Zaif)

上記の通り、同時刻の1BCHあたりの売買額には差があります。

ビットコイン購入額(1BTC)

  • 販売所:103,809円
  • 取引所:102,000円前後

▪ビットコイン売却額(1BTC)

  • 販売所:88,417円
  • 取引所:100,100円

つまり、販売所からビットコインキャッシュを購入した場合、買った時点で約15,000円損をしてしまいます。この差をスプレッドと呼び、運営会社はこの差額で利益を出しています。

つまり、基本的には、販売所でビットコインキャッシュを売買するよりも、取引所を利用したほうがお得なのです!

ビットコインキャッシュ購入におすすめの国内取引所ランキング!

それでは、ビットコインキャッシュを購入する時におすすめな取引所をご紹介します!

取引所を選ぶ上で重要なポイントは「こちら」に記載していますが、初心者におすすめは「Coincheck」→「bitflyer」→「Zaif」の順番です!

一般的になので取引所は複数登録するものなので、全て登録してみることをおすすめします!

Coincheck(コインチェック)

おすすめポイント

  • 世界最大級の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 日本で一番かんたんにビットコインが購入できる!
  • 仮想通貨損害補償サービス!安心して取引しできる!

初心者におすすめしたい取引所は「コインチェック」です。

コインチェック」は、日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一。最大5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

口座開設も最短3分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで登録できる!

取扱い仮想通貨数日本一


コインチェックは、ビットコイン(BTC)を始めとして、世界中で注目を集めている「イーサリウム(EHT)」「リップル(XRP)」「ネム(XEM)」「ライトコイン(LTC)」など、12種類以上のアルトコインを扱っており、その数は日本一で、コインチェックが人気を集める理由になっています!

取引画面(チャート)が見やすい!

コインチェックの取引画面(トレーディングビュー)なら、リアルタイムにチャート形式で価格を把握したり、大きな画面で直接取引をすることが可能です!

また、期間は「5分」~「1日」に切り替えることができたり、「指値」「逆指値」を設定して、取引することができるので、利益が出しやすい仕組みになっています!

スマホアプリで簡単取引!チャート機能も充実!

コインチェック」は、スマホアプリ(iPhone・Android)もあり、空いた時間で簡単に各仮想通貨のチャート・価格を確認したり、売買することが可能です!

また、「ローソク足」にチャート表示形式を替えたり、期間も「1時間」「1日」「1週間」 「1年」など表示させることもできます!

業界初!仮想通貨盗補填サービス

コインチェックは、東京海上日動火災保険と組んで、不正ログインやなりすまし被害について、1回の請求で最大100万円まで補填するサービスを提供しています!「二段階認証」を設定してるユーザー対象なので、設定してしていれば安心して仮想通貨の売買を行うことができます!

▼コインチェックの登録はこちら!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bifFlyer(ビットフライヤー)

bitflyer

おすすめポイント

  • 国内取引量・ユーザー数・資本金3年連続No.1!
  • FXも便利にトレード可能!レバレッジ最大15倍!
  •  ビットコインが無料でもらえる!

bitflyer(ビットフライヤー)は、日本初の国内最大手のビットコイン取引所。2014年に設立された後、リクルート・三菱UFJキャピタル・SBIインベストメントなど大手企業から出資を受けている安心・安全の仮想通貨取引所です!今なら、最大5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

「メールアドレス」や「Facebookアカウント」があれば、最短3分で登録完了!

国内ビットコイン取引量3年連続No1

bitflyer(ビットフライヤー)は、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。
日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超、ユーザー数60万人、資本金41億に加えて、大手金融機関よりセキュリティレベルが高い暗号通信化技術を採用してしています!

また、ビットコイン(BTC)以外にも、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリウム(ETC)、ライトコイン(LTC)など人気の通貨の取扱いをしています!手数料も安いた為、初心者~上級者までおすすめできる取引所です。

「bitFlyer Lightning」ならFX取引可能!レバレッジ最大15倍

bitflyer(ビットフライヤー)には、「bitFlyer Lightning」という取引特化型のサービスがあり、最大15倍のレバレッジFX取引やイーサリウムなどの現物取引が可能!トレードビューも見やすく、リアルタイムで簡単に取引することが可能です!

テクニカル指標ツールも充実しており、ビットコインで利益を出すなら一番のおすすめです!

ビットコインをつかう・もらうのサービスが充実!

bitFlyer経由で「ビットコインをもらう」サービスを利用して、ネットショッピングや無料キャンペーンに応募すると、無料でビットコインがもらうことができます!

会員登録や資料請求をはじめ商品購入や、カード発行、口座開設等たくさんビットコインを貰えるサービスがあり、「じゃらん」「ZOZOTOWN」「楽天トラベル」など有名サービスもあります!

また、無料でもらったビットコインを「amazonギフト」「Vプリカ」などと交換することも可能です!

不正出金補填サービス

また、bitflyer(ビットフライヤー)は、三井住友海上火災と連携し、ビットコインとイーサリアムなど不正に日本円で出金された場合に補償金を支払うサービスを提供しており、二段階認証している場合、最大500万円の補填額を支払ってくれるため、初心者でも安心して取引することができます!

▼ビットフライヤーの登録はこちら!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Zaif(ザイフ)

おすすめポイント

  • 取引手数料マイナスボーナス!年率最大3.6%!
  • 大手企業との提携実績多数!
  • XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

ZAIF(ザイフ)は、国内でビットコインはじめとして、日本で最も早くXEM(ネム)を扱いはじめた実績ある取引所であり、堀江貴文(ホリエモン)が技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所です。

ビットコインだけでなく、日本発の仮想通貨であるモナーコイン(MONA)など、数多くの仮想通貨を扱っており、Zaif代表の朝山貴生さんはNEM(ネム)の”Director of NEM Japan”に就任し、日本におけるNEMのマーケティングや普及活動の責任者としても活躍されており、信頼できる取引所になっています!

取引手数料マイナスボーナス!年率最大3.6%!

ZAIF(ザイフ)は、他の取引所とは違い取引手数料マイナス0.01%を導入しており、取引するほど「ボーナス」が貰える仕組みを取り入れています。

また、1日1回、『Zaif Exchange』に預けられたビットコイン残高(前日)の0.01%が利殖ボーナス(ログインボーナス)として受け取れる「年率最大3.6%の利殖ボーナス」制度も導入しているため、リスクなくビットコインを増やすことができます!

取引回数が多い方には最もおすすめできる取引所になります!

大手企業との提携実績多数!

ZAIF(ザイフ)の運営会社であるテックビューロが開発するプライベート・ブロックチェーンのクラウド化技術「mijin」実証実験を、「さくらインターネット」「インフォテリア」「ベルギー アントワープ市」など大手企業・国と提携して進めており、技術力の高さを証明している取引所になります。

XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

また、近年数倍~数十倍に価格が高騰したXEM・MONAなど、日本で最も早く取扱いを始めた取引所であり、取引量や対象通貨に関する情報提供力は国内トップクラスを誇る取引所になります!

▼Zaif(ザイフ)の登録はこちら!

ビットコインキャッシュ取引所の口座の作り方

取引所に初めて登録する方なら「口座開設」がつまずくポイントです。主要な上記3つの取引所の口座の作り方を、別記事で解説します!

 

5分でわかる!ザイフ(Zaif)の口座開設方法【本人確認・ユーザー登録】

簡単にわかる!ザイフ(Zaif)の口座開設方法・作り方

ビットコイン・仮想通貨の国内取引所のザイフ(Zaif)のアカウント登録方法や口座開設(本人確認・登録)方法についてご紹介!

これを読めば最短1分で口座開設をすることが可能です!

口座開設に必要な情報は「メールアドレス・パスワード」のみ!

ただし、ビットコインや仮想通貨の取引や、日本円の入出金には本人確認(免許書・パスポート)が必要になるため、本人確認の方法も合わせてご紹介します!

続きを読む

3ヶ月で価格は20倍!モナーコイン(MonaCoin/MONA)とは?取引所・買い方など徹底解説!

モナーコイン(MonaCoin/MONA)とは?

Monacoin(モナーコイン・モナコイン)とは、日本の巨大掲示板サイト「2チャンネル」のソフトウェアで、、Mr.Watanabe(わたなべ氏、2chpool ◆bzJIFpVqts)によって開発された日本初の暗号通貨です、通貨単位表記は「MONA(モナ)」で、世界初のSegWitのActivateに成功しした暗号通貨として有名です

  • ハッシュアルゴリズム:Lyra2REv2
  • 平均ブロック間隔:90秒 (*1)
  • ブロック報酬:50 MONA (+送金手数料)
  • 報酬半減期間:1051200ブロック (*2)
  • 総発行枚数:1億512万枚
  • 難易度調整:Dark Gravity Wave

モナーコイン(MonaCoin/MONA)の特徴とは

Monacoinには通貨の発行元が存在しません。さらにオープンソースで誰も不正な行為を行えない仕組みです。 コイン送金手数料がほぼかかりません。P2Pによるやりとりで世界中のどの人にもスピーディにコインを送金できます。 Monacoinは日本語のコミュニティやサービスが充実していて日本から世界に発進する暗号通貨です。

 

Monacoin(モナーコイン/モナコイン)は、Litecoin(ライトコイン)と呼ばれる仮想通貨をベースに発行された通貨で、日本初の仮想通貨ということもあり2チャンネルを中心に日本のコミュニティで多くのサービスが立ち上がっており、2014年には土地の売買、2017年には、秋葉原のパソコンショップアークがBitcoinと同時に、実店舗とWeb通販にて決済に対応し、徐々に決済手段としても使用され始めている仮想通貨になります。

パソコンショップアークはテックビューロ株式会社の提供するウェブサービスZaif Exchangeにおけるペイメントサービス「Zaif Payment」を利用し、2017年6月9日 11:00より仮想通貨であるBitCoinとMonaCoinでの決済に対応いたします。

店頭・WEB通販での仮想通貨(暗号通貨)決済対応開始のお知らせ

モナーコイン(MonaCoin/MONA)のチャート・価格推移

Monacoin(モナーコイン)は、2017年2月時点では2~3円を推移していましたが、Segregated Witness(SegWit)の採用と有効化などに伴い、価格を上げており、2017年6月20日時点で、94円を記録。現在は80円代で推移しているが、2月時点と比較すると30~40倍と高騰を続けている。

噂だと大富豪が買い漁ってるらしい

モナーコインが購入できる国内取引所はZaif(ザイフ)

現在、Monacoin(モナーコイン)を取り扱っている国内取引所は、テックビューロ株式会社が運営しているZaif(ザイフ)のみで、Bitcoin(ビットコイン)/BTCや、NEM(ネム)/XEMなども扱っている有名取引所になります。仮想通貨の取引だけでなく、決済サービス(Zaif Payment)やコイン積立機能などの機能もあり、有名企業である堀江貴文(ホリエモン)も応援している取引所です。

その他、プライベートブロックチェーン構築用のプラットフォームシステムである「mijin」などの開発も行っており、開発力・セキュリティでは評判の高い取引所です。

▼登録はこちら!

モナーコインの将来性

Monacoin(モナーコイン)は、日本初の仮想通貨であり、2ちゃんねる発祥ということでコミュニティが活発ということもあるため、今後、Monappy投げ銭サービスのように、Monacoinが利用できるサービスが開発されていくでしょう。現在では、本格的に利用できるサービスは少ないですが、価格の高騰と共に「使用できるサービスが増加」→「需要の高まり」→「価格が上がる」などのサイクルが更に高まっていくと考えています。

▼投げ銭サービスはこちら