ICO(クラウドセール)

仮想通貨のICO(クラウドセール)とは何か?

ICOとは何か?

ICO(Initial Coin Offering)とは、クラウドセール(プレセール)とも呼ばれており、暗号通貨のIPOのようなもので、企業やプロジェクトを発足した団体が「独自トークン」と呼ばれる仮想通貨を発行して、販売することで開発費などの資金調達を行うことです。

また、発行した「独自トークン」が仮想通貨取引所に上場することでもあります。

※IPOとは、Initial Public Offeringの略語で、日本語に直すと「新規公開株」「新規上場株式」となります。 具体的には、株を投資家に売り出して、証券取引所に上場し、誰でも株取引ができるようにすることをIPOといいます。

なぜICO(クラウドセール)を実施するのか?

企業やプロジェクト団体が、ICOを実施する主な理由は「資金調達」になります。従来の資金調達方法は、証券取引所に上場したり、VC(ベンチャーキャピタル)から出資、もしくは銀行から融資してもらうことで「資金調達」を実施していましたが、ブロックチェーン技術を使用することで従来のコストより安く「資金調達」を行うことが可能です。

また、「独自トークン」を発行するため、トークンの時価総額が上がった場合、キャピタルゲインを得ることが出来たり、プロジェクト参加者としてもトークンの時価総額を上げる動機にもなるため有効な手段として注目されています。

ICOに参加するメリットとは?

ICOに参加するメリットとしては、「対象となる仮想通貨を安く購入できる」ため利益を上げやすいことです。

例えば、資金調達時1トークン20円だったイーサリアムも数多くのプラットフォームで使用されたことによって、現時点で3~4万まで価値が高騰しており、数年間で2000倍以上までは跳ね上がっています。

つまり、上記のような有望な仮想通貨をICOに参加し購入していれば、莫大な利益を得ることも可能なのです。

ICOのリスク

ただし、仮想通貨市場、法律や技術な問題を数多くのリスクを抱えています。

実際、ICOをした独自トークンの中には、「詐欺コイン」が数多く存在しており、近年でもイーサリウムが数十億盗まれるなどの問題も発生しています。

つまり、ICOを行うプロジェクトに関して「概要、目的、ステークホルダー、本質的な意義」などを見極めて投資しなければ、大切な資産を失う可能性があります。

そのため、将来性のある仮想通貨を見つけるためには、ある程度のリテラリーが必要になってくるのです。

ICO参加は自己判断

ブロックチェーン技術を利用したICOという資金調達は、既存の資金調達方法を破壊(ディスラプト)する手法として今後も増えていくでしょう。また、プロジェクト自体が期待できるものならば、ICOに参加することで莫大な利益を上げることが可能です。

しかし、市場としてまだ不安定な部分が多いので、「余裕資産」で「自己判断」しながらICOに参加するようにしましょう。

ICO参加には、ビットコインやイーサリアムが必要

最後に、ICOに参加する上で、主に使用されるビットコイン・イーサリウム・ライトコインが購入できるおすすめ取引所をご紹介します。

Coincheck(コインチェック)

おすすめポイント

  • 世界最大級の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 日本で一番かんたんにビットコインが購入できる!
  • 仮想通貨損害補償サービス!安心して取引しできる!

初心者におすすめしたい取引所は「コインチェック」です。

コインチェック」は、日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一。最大5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

口座開設も最短3分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで登録できる!

取扱い仮想通貨数日本一


コインチェックは、ビットコイン(BTC)を始めとして、世界中で注目を集めている「イーサリウム(EHT)」「リップル(XRP)」「ネム(XEM)」「ライトコイン(LTC)」など、12種類以上のアルトコインを扱っており、その数は日本一で、コインチェックが人気を集める理由になっています!

取引画面(チャート)が見やすい!

コインチェックの取引画面(トレーディングビュー)なら、リアルタイムにチャート形式で価格を把握したり、大きな画面で直接取引をすることが可能です!

また、期間は「5分」~「1日」に切り替えることができたり、「指値」「逆指値」を設定して、取引することができるので、利益が出しやすい仕組みになっています!

スマホアプリで簡単取引!チャート機能も充実!

コインチェック」は、スマホアプリ(iPhone・Android)もあり、空いた時間で簡単に各仮想通貨のチャート・価格を確認したり、売買することが可能です!

また、「ローソク足」にチャート表示形式を替えたり、期間も「1時間」「1日」「1週間」 「1年」など表示させることもできます!

業界初!仮想通貨盗補填サービス

コインチェックは、東京海上日動火災保険と組んで、不正ログインやなりすまし被害について、1回の請求で最大100万円まで補填するサービスを提供しています!「二段階認証」を設定してるユーザー対象なので、設定してしていれば安心して仮想通貨の売買を行うことができます!

▼コインチェックの登録はこちら!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bifFlyer(ビットフライヤー)

bitflyer

おすすめポイント

  • 国内取引量・ユーザー数・資本金3年連続No.1!
  • FXも便利にトレード可能!レバレッジ最大15倍!
  •  ビットコインが無料でもらえる!

bitflyer(ビットフライヤー)は、日本初の国内最大手のビットコイン取引所。2014年に設立された後、リクルート・三菱UFJキャピタル・SBIインベストメントなど大手企業から出資を受けている安心・安全の仮想通貨取引所です!今なら、最大5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

「メールアドレス」や「Facebookアカウント」があれば、最短3分で登録完了!

国内ビットコイン取引量3年連続No1

bitflyer(ビットフライヤー)は、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。
日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超、ユーザー数60万人、資本金41億に加えて、大手金融機関よりセキュリティレベルが高い暗号通信化技術を採用してしています!

また、ビットコイン(BTC)以外にも、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリウム(ETC)、ライトコイン(LTC)など人気の通貨の取扱いをしています!手数料も安いた為、初心者~上級者までおすすめできる取引所です。

「bitFlyer Lightning」ならFX取引可能!レバレッジ最大15倍

bitflyer(ビットフライヤー)には、「bitFlyer Lightning」という取引特化型のサービスがあり、最大15倍のレバレッジFX取引やイーサリウムなどの現物取引が可能!トレードビューも見やすく、リアルタイムで簡単に取引することが可能です!

テクニカル指標ツールも充実しており、ビットコインで利益を出すなら一番のおすすめです!

ビットコインをつかう・もらうのサービスが充実!

bitFlyer経由で「ビットコインをもらう」サービスを利用して、ネットショッピングや無料キャンペーンに応募すると、無料でビットコインがもらうことができます!

会員登録や資料請求をはじめ商品購入や、カード発行、口座開設等たくさんビットコインを貰えるサービスがあり、「じゃらん」「ZOZOTOWN」「楽天トラベル」など有名サービスもあります!

また、無料でもらったビットコインを「amazonギフト」「Vプリカ」などと交換することも可能です!

不正出金補填サービス

また、bitflyer(ビットフライヤー)は、三井住友海上火災と連携し、ビットコインとイーサリアムなど不正に日本円で出金された場合に補償金を支払うサービスを提供しており、二段階認証している場合、最大500万円の補填額を支払ってくれるため、初心者でも安心して取引することができます!

▼ビットフライヤーの登録はこちら!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

StatusがICOするも交換出来ない人多数。偽サイトまで出回る始末に

Status(SNT)とは?

Statusとは、「WeChat」をモデルに作られた、Ethereum上に構築された分散型モバイルメッセージングプラットフォームです。メッセンジャーアプリとしての基本的な機能(メッセージの送受信)の他にも、身元確認や市場予測管理プラットフォーム、分散型保険プラットフォーム、音楽配信サービスといった、P2Pプロトコルをベースにした様々な機能があります。

簡単に言うと、Ethereumネットワーク上にGoogle playの様なアプリプラットフォームを構築することを目的に作られました。

今回のICOで発行されるSNT(Status network token)は、Status内でのサービスの対価として支払うことに用いられます。

StatusのICOと同時にETH売りラッシュ。しかし、、、

ICO三時間以内に270億円以上のETHがコントラクトアドレスに送られ、transactionが成立しない状態が多く報告された。

偽サイトで600万円以上集まる

StatusのICOに伴って、Status偽物サイトまで出回りました。

仮想通貨の世界では、送金と言った処理は取り消しの効かない不可逆の行為なので、詐欺サイトに送ってしまうと一生取り返しの付かないことになります。

ICOはお祭りの様なものですが、気をつけたいものですね。。。